読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SubCul 88 Channel

アニメの感想やゲームの攻略情報が中心です。

アクセルワールドvsソードアート・オンラインの感想とVITA版・PS4版の違いを比較【レビュー・評価】


PS4版は電撃屋限定を買ったので、そちらの中身も紹介

f:id:mikiy666:20170316164134j:plain

箱の大きさ比較

 

f:id:mikiy666:20170316164137j:plain

箱の中身 右からクリアカード数種類・電撃ヴァーヴギア・クリアキーホルダー・サウンドトラックと特別番組が収録されたディスク

 

f:id:mikiy666:20170316164135j:plain

f:id:mikiy666:20170316164136j:plain

電撃ヴァーヴギアの中身(全51ページ)

 

電撃屋限定の衣装「情熱の水着ソレイユ」は、前作ロストソング(以下、LS)の水着をほぼ使い回したみたいな感じなのでお得感はあまり無いです。

f:id:mikiy666:20170317082820j:plain

ただ、前作よりメタリックな光沢感が増していてフェチズムを刺激する内容となっております。前作では特別仕様だったサクヤの水着も普通のデザインに。

こちらの水着はユナ等のDLCキャラ含めて男以外は全員着ることができます。(カラーは全員違います)

 

 

アクセルソードってどんなゲーム?

タイトルの『アクセルワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』は長すぎるので、公式で使われている略称『アクセルソード』と記事では呼びます。

アクセルソードは、前作LS(ALOの世界を舞台にしたSAOのRPG)をベースにしたアクセルワールド(以下、AW)とのコラボゲームです。

 

 

AW・SAO両シリーズ合わせて40人以上ものキャラクターが登場し、その全てのキャラを操作可能。3人一組で広大なフィールドを冒険できるRPGとなっています。

さらに、最大16人のマルチプレイ、ルールを細かく設定できる8人での対戦モード(PvP)もありスマブラ的な楽しみ方も出来るようになっています。

 

 

PS4版・VITA版、両機種のグラ比較

両ハードの画質やフレームレート等を比較していきます。

 

PS4

f:id:mikiy666:20170316164123j:plain

f:id:mikiy666:20170316164124j:plain

f:id:mikiy666:20170316164126j:plain

f:id:mikiy666:20170316164125j:plain

f:id:mikiy666:20170316164127j:plain

 

PS・VITA

f:id:mikiy666:20170316164129j:plain

f:id:mikiy666:20170316164128j:plain

f:id:mikiy666:20170316164131j:plain

f:id:mikiy666:20170316164130j:plain

f:id:mikiy666:20170316164133j:plain

 

ぱっと見、キャラクターの3Dモデルは大きな違いはありませんが、16人マルチが可能になりマップが広くなった関係なのか、フィールドマップにポリゴン数、画質の劣化やオブジェクトの同時表示数の違いが顕著に出ています。

元々それほどグラフィックは良いわけではないですが、フィールドマップの背景に関してはPS4版と較べてVITA版では初代PS~PS2くらいのレベルにまで落ちてしまっていて、特に草木を見るとわかりやすいと思います。

 

f:id:mikiy666:20170316164132j:plain

 

あと、光の表現や造形の細かい部分を見ていくと結構グラフィックのクオリティに違いが見られます。

処理落ちに関しては、VITA版は処理が重くなるような場面ではカクつきますが、許容範囲のレベルでした。PS4版はそういう場面は特になし。

ロードに関してはPS4は短めですが、VITAの方はちょっと長いかな…と言った感じ。ロードの頻度自体はあまり多くないゲームなので許容出来る範囲ですが、一般的には長い部類に入ると思います。

やはり全体的に据え置きであるPS4の方がパフォーマンスは高いですが、気になるのはPS4版には黒枠が表示されてしまっていることです。おそらくVITAベースで開発したためだと思います。

 

操作性の違い

PS4とVITAではコントローラーのボタン数に違いがあるので多少操作性が異なります。

PSVITAでは、L2・L3ボタンが無いので、その部分をタッチパネルで行います。どちらかといえばPS4のほうが快適ですが、元々VITA版をベースで開発していたためか操作性に関してはボタンの少ないVITAでも特に問題ありません。

 

PS4版とVITA版どっちがオススメ?

結論としては、両方のハードを持っている方は携帯機でやりたいというこだわりがなければ、やはり高性能なPS4版をオススメ。

ただ、VITA版でもそれほど不便を感じる場面はないので、グラフィックや処理落ちにそれほど拘らない方や外で持ち歩きたい方はVITA版も十分選択肢に入ると思います。

 

前作LSが楽しかった人は楽しめる

冒頭で前作LSがベースになっていると書きましたが、前作で不満だった部分(つまらないダンジョン、ソードスキルの種類の少なさ、おかしな走りモーション等)が本作ではだいたい改善されており、純粋に前作がパワーアップしAWのキャラを加えたような出来になっているので前作が好きだった人は間違いなく楽しめる。

フィールドやダンジョン内には稀にオーラを纏った強MOBが湧いたり、宝箱からレアドロップが手に入ったりとトレハン的要素も強化されている。あと、左手に装備できるものが盾に加えてワンドが追加された。

なお、前作であった武器の性能にランダムOPが付く要素は今作も健在でハクスラ好きにもオススメ。

操作方法などのシステム面は一部を除いてほぼLSと同じ。

 

意外と本格的なアクションRPG

去年発売されたSAOホロウリアリゼーション(以下、SAOHR)とは大分ゲーム性が異なり、こちらはMMOっぽさが無くかなりアクション重視になっている。

操作やスキルパレットの構成もシンプルかつ直感的でキャラクターも立体的な機動ができるので、HRが合わなかったという本格アクションバトルが好きな方でも楽しめると思う。もちろんHRのようなバフ盛りSSCゲーではない。

(バフやSSC自体はあるが、バランスを崩すようなものではない)

強いて言うなら、VITA初期に出てたラグナロクオデッセイをスタイリッシュにしたみたいな感じの戦闘(マイナーだけど、わかるかな)

 

空中の操作に癖がある

このシリーズは空中での戦闘が大きな特徴だが、前作LS経験者はすんなり入れるものの、未経験者は空中での操作にやや癖があり慣れるまで操作し辛いと感じるかもしれない。

操作性が悪いわけではないので慣れてしまえば快適に移動できるようになる。

 

ロックオン機能に問題あり

お世辞にもロックオンは使いやすいとは言えない。

ロック中のカメラワークが悪く、ロック中に右スティックで視点移動しようとするとロックが他の対象に移ってしまうのも不便。

しかも、中央に収めてもロック出来ない敵がいたり、動くと相手を中央に納めないカメラワーク等、ロックオン関連に関しては前作より悪化しており不具合を疑うレベル。

このあたりは早急に直してほしい。

 

ソードスキルがカッコイイ

ソードスキル(以下、SS)のモーションが多彩かつカッコイイ。

残像を出しながら背後に回り込むSS,剣を空中に放り投げて素手で打撃を加え空中でキャッチして振り下ろすSSなど凝った動きをする個性的なSSが多く使っていて非常に楽しい。

ソードスキルの再現度やセンスに関してはこれまで発売されたSAOのゲームの中で一番ではないだろうか。

 

キャラクリはない

キャラメイク機能はありませんが、プレイアブルキャラクターの衣装を変える要素はあります。(種類はそんな多くありませんが、DLCや雑誌特典も入れるとアスナは5種類くらいあるかな)

防具という概念はなく、数カ所に付けられるアクセサリが実質防具みたいなものになっています。(PSOのシールドラインみたいなもの)

盾や剣等のグラフィックは見た目に反映されます。

 

ゆとり仕様ではない

今時のRPGと違ってあまり親切ではなく自分で探したり考える必要があり、(ヒントは大体NPCの会話などにあるが、ほぼノーヒントのイベントもある)イベント進行のフラグや場所が分かりにくく詰まって何時間もウロウロすることも…

イベント発生のマーカーが付く場合もあるが、広いマップを自力で探さなくてはならないものもあり最近の過保護なRPGに慣れていると、どう進めたらよいかわからず詰まって投げ出す人もいるかもしれない。

個人的には手探り感があって好きだが、人によってはストレスに感じる人も多いかも。かなり評価が分かれそうな部分。

 

難易度は割と高い

難易度は3種類あるがノーマルでもそこそこ高く、アクションゲーム慣れしていない方はイージーで始めると丁度良いかもしれない。難易度はいつでも変更可能なので、最初はノーマルを選んで詰まったらイージーに落としても良いと思う。

上述の手探り感と合わせて昨今のキャラゲーとしては珍しい非ゆとり仕様。

ちなみに難易度によってレアアイテム等のドロップ率が違うようなので、あえてハードを選ぶメリットもある。

キャラゲーは難易度が低く全体的に薄味のものが多いが、AWvsSAOは割とガチゲー寄りな作り。

 

味方NPCのAIは割と優秀

ガードや回避もきちんとする印象で、味方がダメージを食らうと回復や蘇生もしてくれる。あと、アイテムをガンガン使う。(NPCの場合はアイテムは減らないので心配はない)

攻撃頻度はそんなに高くないが、プレイヤーが死んだ後も上手く敵の攻撃をかいくぐって生き返らせてくれたりする。何となくゴッドイーターのNPCを彷彿とさせる動き(笑)

ただ、入り組んだ立体的なダンジョンだと壁や床に引っかかって動けなくなっていることもしばしば。

 

PvP(対戦)やマルチに力が入っている

マルチプレイと対戦は中々面白い。

クリア後から始めるプレイヤーが多いと思いますが、難易度がベリーハード相当なのでプレイヤー同士協力していかないと中々クリアできず緊張感があります。

対戦も相変わらずやや大味でバランス悪いですが、広大なマップで真意技、魔法やソードスキルが飛び交うド派手な戦いは普通に面白い。

ちなみに今作も状態異常ハメが猛威を奮っているのでマルチ対戦の際はしっかり対策をしていったほうが良いでしょう。ノームやサラマンダーが強すぎる、拳や弓は相変わらず弱い等種族間格差や武器格差、強すぎる状態異常に関しては生放送でバランス調整も考えていると言っていたのでそちらに期待。

 

キャラゲーとしても上々

イベント自体は相変わらず紙芝居での進行だが、サブイベントの数は多く豪華な声優陣によるフルボイス。

ただ、HRと違い今回はLSと同じでイベント中に戦闘や探索もあるものも多い。

 

まだ、今日発売されたばかりなので最終的な評価は出来ませんが、個人的にはかなり楽しめています。

アクリアのホロウ系シリーズに比べ人気がイマイチなアートディンクのALOシリーズですが、個人的にはアクリア製よりアードディンク製のSAOゲームの方が好きです。

もう少し予算増やしてグラフィックを強化してくれたら言うことないのですが…あと、PvPのバランス調整も(´・ω・`)バンナムさん…二見P